NHKでも特集された「実家の片付け」家族信託とは?

NHKの朝の情報番組「あさイチ」で「家族信託」を活用した「実家の始末」が取り上げられたことで、

当事務所でも同様のご相談を多数いただいております。

「両親の土地や自宅をどうしよう・・・」と不安な方は、家族信託を検討してみましょう。

ご両親が亡くなった後、売却をしようと思っている方は要注意!

お客さまから、このようなご相談を受けました。

「父が病院や施設に入所したら、自宅が空き家になってしまいます。できるだけ生きているうちには家は残しておきたいのですが、施設の費用や入院費などがかさんでいけば、売却を先に検討するかもしれません。

でも、親が認知症になったら売却ができないと聞きました。

今すぐに売却するのは忍びないのですが、高齢なので認知症になっていく不安もあります。どうすればよいのでしょうか?」

 

このようなお客様がよくご活用されているのが、家族信託を使った実家の始末「認知症対策」です。

 

もし仮に、実家が空き家になったとします。すると、様々な固定費や管理費がかかり、年間34万円程度と言われています。

料金比較

更に問題となるのは、万が一認知症になった場合に、家を修繕・管理、建替え、売却などを行おうとしようとも、できなくなってしまうのです。

家族信託は、認知症になる前に親と子ども等の信頼できる人との間で結ぶ契約で、本人の代わりに管理をすることができるようになります。

そのため、入院費がかかりすぎて、家を売却したい!となったとしても、本人ではなく予め約束をしていた子どもが執り行うことができるようになるので

いま大注目されているのです。

「家族信託をもっと知りたい!」、「自分の場合には当てはまるのだろうか?」というお客さまは、まずは当事務所までご相談下さい。

専門の司法書士がわかりやすく無料でご相談をさせて頂きます。

 

 

 

家族信託をご検討の方は、お気軽にご相談下さい。 0120-31-9959 Webからの無料相談はこちら

アクセス

〒980-0011
仙台市青葉区上杉1丁目6番10号
仙台北辰ビル7階
事務所外観