“認知症対策”仙台家族信託クリニック

家族信託、認知症対策に関するご相談 お気軽にお問い合わせください 0120-31-9959 受付時間 平日9:00〜17:30 / 土日応相談

webからの無料相談はこちら

メインビジュアル

無料相談を申し込む

家族信託の無料相談受付中

無料相談の詳細はこちら

よくご相談いただく家族信託”認知症対策”の活用方法はこちら

  • 実家売却
  • 空き家対策
  • 施設入所
  • アパート管理
  • 事業継承対策

このサイトでよく見られているコンテンツはこちら

  • 家族信託で実家を守りましょう!空き巣対策には家族信託が有効!
  • NHKあさイチで話題沸騰!

    ここをクリック

  • 司法書士による家族信託の解決事例

司法書士法人あおばの杜が選ばれる理由

  • 司法書士侑各社5人の充実体制
  • 相続・遺言専門の司法書士事務所
  • 地域密着の司法者士事務所
家族信託の最新ニュース

詳しくはこちら

解決事例

詳しくはこちら

当事務所での家族信託に関するセミナー・勉強会を多数開催しております。ご興味のある方は過去のセミナーの様子をご覧ください。

代表の挨拶

高橋英之

高橋 英之(タカハシ ヒデユキ) 司法書士法人あおばの杜 代表

 最近、「元気なうちに身の回りのことを整理しておきたい」というニーズが増えております。これは皆さん「家族にだけは迷惑をかけたくない」という思いが共通しています。その背景にはいったい何があるのでしょうか。

 1つは相続税の改正。資産5000万円程度のご家庭でも事前に対策しておかなければ課税される時代です。もう1つは遺産トラブルの増加。話し合いでは解決できずに家庭裁判所に持ち込まれる事件の75%は資産5000万円以下のご家庭です。また、高齢化社会がますます進んでいる日本においては65歳以上の4人に1人が軽度認知症患者という発表も出ております。もはや認知症は避けては通れません。であれば、認知症になった後でもご家族に財産を確実に引き継いでいくための対策が必要となるでしょう。

 相続とは財産をただ残すだけではなく、ご家族の幸せを想いやること=「想族」といえるのではないでしょうか。さらに、先代から引き継いだその思いをさらに次の世代へつなぐ=「想続」。こんな相続がじつげんできたらとても幸せなことではありませんか。

 家族信託は、あなたの想いをご家族へつないでいくための新しい財産管理、資産承継の手段です。ご自身の意思や希望についてご家族と話し合い、円満相続のためしかりと準備していくことが大切なのです。

よくご覧頂いている当事務所のQ&A

  • 1. 家族信託ってどんな制度?家族信託の仕組みを知りたい
  • 回答を
    見る
  • 3. 遺言を書いておけば家族信託しなくていいの?
  • 回答を
    見る
  • 4. 家族信託を使えば「遺留分」は気にしなくていいの?
  • 回答を
    見る

家族信託~目次~

当ホームページでは家族信託(民事信託)を専門とする司法書士による情報提供を行っております。下記をクリックしていただきますと、当該ページへ移動します。

こんなお悩み・ご希望はありますか?

認知症になった後でも相続税対策を継続したい方

障がいをもつ親族や子どもがおり、自身で財産管理ができないため、自分の亡くなった後が心配な方

前妻や前夫の連れ子がいる、意思能力がない人がいる等、スムーズに遺産分割協議を行えない不安がある方

株主が経営者1名のため認知症になると経営がストップする不安のある方

二次相続以降に資産継承に不安や特定の希望がある方

不動産や株式を保有しており、相続が発生した場合、共有名義になる可能性がある方

自社株を次期経営者以外に分散させたくない方

経営権を引き継いだが、贈与や譲渡すると税金が心配な方

アクセス

司法書士法人あおばの杜

〒980-0011

仙台市青葉区上杉1丁目6番10号
EARTH BLUE 仙台勾当台

司法書士法人あおばの杜

新着情報

よくご相談いただく家族信託”認知症対策”の活用方法はこちら

  • 実家売却
  • 空き巣対策
  • 施設入所
  • アパート管理
  • 事業承継対策

このサイトでよく見られているコンテンツはこちら

  • 家族信託で実家を守りましょう!空き巣対策には家族信託が有効!
  • NHKあさイチで話題沸騰!
  • 司法書士による家族信託の解決事例

司法書士法人あおばの杜が選ばれる理由

司法書士有資格者4名の充実体制
相続・遺言専属の司法書士事務所
地域密着の司法書士事務所

代表の挨拶

高橋英之

高橋 英之(タカハシ ヒデユキ) 司法書士法人あおばの杜 代表

 最近、「元気なうちに身の回りのことを整理しておきたい」というニーズが増えております。これは皆さん「家族にだけは迷惑をかけたくない」という思いが共通しています。その背景にはいったい何があるのでしょうか。

 1つは相続税の改正。資産5000万円程度のご家庭でも事前に対策をしておかなければ課税される時代です。もう1つは遺産トラブルの増加。話し合いでは解決できずに家庭裁判所に持ち込まれる事件の75%は資産5000万円以下のご家庭です。また、高齢化社会がますます進んでいる日本においては、65歳以上の4人に1人が軽度認知症患者という発表も出ております。もはや認知症は避けて通れません。であれば、認知症になった後でもご家族に財産を確実に引き継いでいくための対策が必要となるでしょう。

 相続とは、財産をただ残すだけではなく、ご家族の幸せを想いやること=「想族」といえるのではないでしょうか。さらに、先代から引き継いだその想いをさらに次の世代へつなぐ=「想続」。こんな相続が実現できたらとても幸せなことではありませんか。

 家族信託は、あなたの想いをご家族へつないでいくための新しい財産管理、資産承継の手段です。ご自身の意志や希望についてご家族と話し合い、円満相続のためにしっかりと準備していくことが大切なのです。

よくご覧頂いている当事務所のQ&A

1. 家族信託ってどんな制度?家族信託の仕組みを知りたい

2. 家族信託って認知症になってからもできる?

3. 遺言を書いておけば家族信託しなくていいの?

4. 家族信託を使えば「遺留分」は気にしなくていいの?

5. 家族信託と成年後見の違いってなに?

こんなお悩み・ご希望はありますか?

認知症になった後でも相続税を継続したい方

障がいをもつ親族や子どもがおり。自身で散財管理ができないため、自分の亡くなった後が心配な方

前妻や前夫の連れ子がいる、意思能力のない人がいる等、スムーズに遺産分割協議が行えない不安がある方

株主が経営者1名のため、認知症になると経営がストップする不安がある方

二次相続以降に資産継承に不安や特定の希望がある方

不動産や株式を保有しており、相続が発生した場合、共有名義になる可能性がある方

自社株を次期経営者以外に分散させたくない方

経営権を引き継ぎたいが、贈与や譲渡すると税金が心配な方